一番軒の濃厚ちゃんぽん(ベトナム)
ベトナムでラーメン · 22日 6月 2024年
ホーチミンと日本を行き来しているある日本人女性のXの投稿を読んで、一番軒のちゃんぽんが評判になっているのかと、ミーハーなので早速訪れて、オーダーしました。 野菜が多いのはありがりです。 暖暮さんのちゃんぽんのスープは野菜が加わることでだいぶ味が変化しますが、スープは他の豚骨ラーメンと同じ豚骨スープを使っているのだそうです。 なので、おそらく一番軒さんも同じだと思います。 麺がイマイチというか、おいしくないというか、好みでなかったです。 ところてん、に近い。 自分は上質な小麦の風味が感じられる麺が好きです。 一番軒さんと暖暮さんの違いは自家製麺へのこだわりだと思うのですが、この麺も自家製麺なのだろうか?と疑問を抱きました。 おそらく、違うのだろうなと思いました。(※間違っていたらスミマセン)

STRESSMAMA
ベトナム人 · 22日 6月 2024年
毎朝通る道に、新しくできたお店。 おそらく、今日が営業初日。 開店前からすごい行列ができていた。 こんな行列「呪術廻戦」の最新刊の発売日ぐらいでしか見たことがない。 有名店なのかと、身近な若いベトナム人たちに尋ねたが誰も知らないという。 私の知り合いは若いといっても20代後半なので、10代の流行にはついていけないのかもしれない。 ベトナムのブランドなのだろうか? それにしても、ベトナムの若者たちがファッションにお金と時間を割くようになってきたのは、昔を知る者として感慨深い。

一二三(HIFUMI)/鳥白湯ラーメン/ホーチミン 
ベトナムでラーメン · 08日 6月 2024年
ホーチミン近郊に製造工場を構えている、とある日系食材製造販売会社に勤める知人から、タイバンルンにあった台湾ラーメン・とんぼさんの跡地は、北陸地方で複数店舗展開している味噌ラーメン屋が入るという話を聞きました。(口外しないという約束でお店の名前も教えてもらった。) その話を聞く以前からとんぼさん跡地の解体&内装工事が急ピッチで行われていたので、確かな情報なのだろうと思いました。 複数店舗を展開しているという実績、北陸地方の味噌ラーメンを食べたことがありませんが食材が美味しいところだからきっと味覚に優れた美味しいラーメンが作り出されるのだろうと、すごく楽しみにしていました。 ところが、楽しみにしていた味噌ラーメンのお店ではなく、白湯ラーメンの看板が出ていたという情報を他店の店主さんから教えてもらい、すぐさま見に行ったら確かに鳥白湯ラーメン屋のようだし、店名も聞いていた名前とは全く違ったのです。 味わったことない北陸の味噌ラーメンをずっと楽しみにしていただけに、ガッカリしました。そこに現れた一二三(HIFUMI)さん。斜め向かいに"ふた葉"さんがいるのにこの地で鳥白湯で勝負するのか!?

ホーチミンで日本人が刺殺された事件について
事件・事故 · 07日 6月 2024年
ホーチミン日本領事館から情報なので確かとなったのでしょうが「2024年6月4日」に日本人男性(30代)がベトナム人男性によって刺殺されました。自分がこの事件を知ったのは、事件の翌日のことで、ベトナム人からSNSで流れている情報を教えてもらった。 その時から現地では何種類かの噂が流れていて、最も多かったのは靴磨き屋(ぼったくり)とのトラブルだった。ただ、自分が現場近くで呼び込みをやっているのでおそらく目撃したであろうアオザイマッサージのお姉さんに尋ねたところ「No」と言っていたのと、当時流れていた情報だと犯人は30才とのことなので違うのではないかと個人的に思っていた。あの辺りにいる靴磨き屋たちはもっと若いと思っていた。 (なお、酔っぱらいや浮かれた観光客ならともかくあれに騙される駐在者はいないと思っていたら、その近くで営業している店主がぼったらくられていてビックリした。ただし、彼はご近所付き合いの一環でお小遣いをあげようという目論見があったそうだが、金額が高すぎるのでモメたそうだ。自分もぼったくりいってもせいぜい2百万ドン(約1万2千円)ぐらいだと思ったら、その5倍だったので驚いた。)

ベトナムの卵屋 -Rare eggs in Vietnam-
ホーチミングルメ · 26日 5月 2024年
ベトナムを初めて訪れ13年以上、ベトナムに住み始めて9年以上になるけれど「まだまだ見たことがない食材があるのだなー」と外国人が訪れないような路地裏にある卵屋で知りました。 なお、「K」は1000を表し、「45k」というのは「45,000vnd」で(2024年5月26日時点で当時"円安"と言われていたレートで)約270円です。 ベトナム人や現地に住んで働いているお客さん(日本人・外国人)を相手にする仕事をしていると、「接待する・される」で現地住民の方々や観光で来る人たち以上に多く、かつ、珍しいお店を訪れ、様々な食材を試して知っているかと思います。 "世界中の飲食店で正規メニューとして出されたものはすべて食べられる"を自負しているので、何を食べているのか解っていないことは多々あり、もしかしたら食べたことがある卵なのかもしれません。 けれど、調理する前の姿を見たのは間違えなく初めてです。 何の卵なのか、もしくは、どういう施しを受けた卵なのかまったくわかりません!

名義貸しトラブル
ベトナム人 · 25日 5月 2024年
ホーチミンで飲食店を営むある日本人店主さんとは会うといつも雑談を交わす仲で、その店主さんには二回りぐらい年下のベトナム人彼女がいる。 我々の雑談はこちらから話題を持ち掛けることもあれば、店主さんから起こった出来事を話してくれることもある。 「そういえば、この頃彼女が登場してこないな」と、ふと気づき、そのことを店主さんに尋ねてみた。 すると、「お食事中ですがよろしいですか?」というので汚い話だったら嫌だなと思ったが、そうではなく、長くなるというだけだったので一部始終を聞いた。 彼女はずっと彼女の実家に帰っているとのことだった。 理由は、彼女の妹が見知らぬ外国人が飲食店を始める際に名義を貸したのだが、そのお店は閉店してしまった。しかし、払わなくてはならない税金が未納のまま行方不明になってしまったため、支払い請求が彼女の妹のところに届いたとのことだった。 金額は40,000,000VND(約24万円)ぐらい。 ちなみに、今は外国人でもベトナムで飲食店オーナーになれるよう法改正がなされたのだが、かつては認められておらず、外国人が飲食店を作るにはベトナム人から名義を借りるしかなかった。

ドラえもんの妹の名前がベトナム(海外仕様?)では違うかもしれない
ベトナム人 · 06日 4月 2024年
ホーのファミリーマートでレジ待ちをしている時に、たまたま目に留まった。 Doreami? 「ドラミ」ちゃんだろ。 ①(丸亀製麺が海外ではMarukameにしたように)ベトナムでは名前が違うのか? ②新しいキャラクターなのか? ③誤表記か? で、迷う。 Googleで検索したところ、漫画(ドラえもんのスピンオフ?)の表紙タイトルにもなっているので日本語では「ドラミ(Dorami)」ちゃんであることは間違えなく、Doraemiという新しいキャラクターは存在しないことがわかった。 なので、「②」は消えた。 年下のベトナム人の友人たちに片っ端から尋ねてみた。 ドラミちゃんの画像を添えて「ドラえもんの妹の名前を知っていますか?」と。 すると、一番多いのは「Doraemi」でも「Dorami」でもなく、「Doremi」。 ベトナム語の発生記号を付けた表記まで存在していて「Đôrêmi」!

ベトナムのつけまつ毛orネイル市場
ビジネス · 19日 3月 2024年
これまで縁がなく、この先も縁がないだろうに、 一生で一度も行くことがない場所がネイルショップだと思っていた。 若いベトナム人女性から「ネイルショップを作りたい」と聞くたびに、需要と供給のバランスがおかしいだろうと冷ややかな返しをしていた。 そんなある日(2024年2月)、知り合いのベトナム人女性(inハノイ)が、つけまつ毛&ネイルショップをハノイで開いた。 相変わらず冷ややかな目で見守っていたのだが、その女性の家庭は裕福なようなので、両親から借り入れで経営していれば、例え儲からなくて倒産しても勉強代と考えればよいだろうと思っていた。 ところが、彼女は昨日、ベトナムかハノイの美容業界?つけまつ毛業界?ネイル業界?では有名らしいイベントで「2、3番」になったそうだ。 種目別競技の2位と3位なのか、1人1作品でないから2位と3位を両方受賞したのか、だいたい2、3番なのか、真相はわからないしわからないままそこはほっといたのだが、トロフィーと賞金をもらっていた。 どうやら、すごいらしい。

朝の様子で満月が解るホーチミン
ベトナム人 · 27日 1月 2024年
昨晩(2024年1月26日)、たまたま月が視界に入ったのでしっかり見上げると「満月か?1日ズレてるか?」といった感じでした。 翌朝(2024年1月27日)、路上でお花がたくさん売られていました。 どうやら今宵が満月のようです。 ホーチミン暮らしがもうすぐ9年目になりますが、このことは最近知りました。

ホーチミンの日本料理店で日本で食べて気に入ったお寿司(軍艦巻き3艦セット)を再現してもらった
ホーチミングルメ · 12日 1月 2024年
ホーチミンの日本料理店「睦庵」を訪れました。夜の部のオープン直後でしたが上の階にはすでに何組かのお客さんが宴会を始めているようで、お寿司や刺身の注文が入って忙しいようです。 忙しい時だけヘルプで厨房に立つ店主が寿司を握っていました。 一段落着いたようなので、写真の軍艦巻き3艦が食べたいと見せると、店主が快く了承してくれました。(※余談ですが最近、 海苔がマイブームです。ちなみに、その前はおでんでした。) メニューにない品なので値段を尋ねると、本来なら200,000VND(約1200円)だけど150,000VND(約900円)にしてくれるとのことです。 お店によっては日本より高いかもしれませんが、日本の食材を鮮度を保ったまま輸入して使っているので「妥当」か、他のベトナムにある日本料理店と比べると「お手頃価格」かと思いました。 手が空いて暇になっただろう店主に頼んだのですが、調理スタッフたちが作ってくるようです。 その調理スタッフたちとも仲が良いです。 「日本のお寿司だよ。完璧に再現してね!」と煽り、スマホの写真を彼が見える場所にずっと置いておきました。

さらに表示する