· 

一二三(HIFUMI)/鳥白湯ラーメン/ホーチミン 

台湾ラーメン・とんぼさんの跡地は鳥白湯ラーメン・一二三 (HIFUMI) さんだった


再び活気を帯びてきたホーチミンのラーメン店超激戦エリアに進出してきた一二三(HIFUMI)さん

一二三さんのメニュー。(ソフトオープン中なので限定したメニューなのかもしれない。)
一二三さんのメニュー。(ソフトオープン中なので限定したメニューなのかもしれない。)

一二三 (HIFUMI) さんとは関係なく、残念に思った経緯>

 

ホーチミン近郊に製造工場を構えている、とある日系食材製造販売会社に勤める知り合い(日本人)から、タイバンルンにあった台湾ラーメン・とんぼさんの跡地は、北陸地方で複数店舗展開している味噌ラーメン屋が入るという話を聞きました。(口外しないという約束でお店の名前も教えてもらった。)

 

その話を聞く以前からとんぼさん跡地の解体&内装工事が急ピッチで行われていたので、確かな情報なのだろうと思いました。

 

複数店舗を展開しているという実績、北陸地方の味噌ラーメンを食べたことがありませんが食材が美味しいところだからきっと味覚に優れた美味しいラーメンが作り出されるのだろうと、すごく楽しみにしていました。

 

ところが、楽しみにしていた味噌ラーメンのお店ではなく、白湯ラーメンの看板が出ていたという情報を他店の店主さんから教えてもらい、すぐさま見に行ったら確かに鳥白湯ラーメン屋のようだし、店名も聞いていた名前とは全く違ったのです。

 

味わったことない北陸の味噌ラーメンをずっと楽しみにしていただけに、ガッカリしました。

 

今の時点では一二三 (HIFUMI) さんがどこからいらしたのか・どういう実績をお持ちなのか知りませんし、食べてないので味の評価もできません。

 

ただ、鳥白湯(とりパイタン)!?? 

 という驚きはありました。

 

この場所の斜め向かいで「ふた葉」さんが提供しています。(※ふた葉さんのメニュー表記は「鶏白湯」)

徒歩1分の距離です。 

 

なぜ、鳥白湯でこんな大胆不敵な場所を選んだのか・・・?

さらに、どうして台湾ラーメンがダメだったのに鳥白湯ラーメンはイケると思ったのか・・・?

 

興味が沸きます。

 行ってきました。


HIFUMIの鳥白湯・塩味ラーメン(大盛り)
一二三の鳥白湯・塩味ラーメン(大盛り)

<HIFUMIさんの鳥白湯・塩味ラーメンを食べてきた>

 

ソフトオープン中とはいえ、「営業しているのか?」と不安になるぐらいのひっそりした営業ぶりです。

 

11時過ぎぐらいに着いたので、営業時間が始まったばかりというのもあり、他にお客さんはいない状態でした。

 

なので、日本語の話せるベトナム人のスタッフさんに注文して待っている間、色々と教えてもらいました。

 

日本では「元祖おかず系ラーメン おとど食堂」として活動しており、その会社が出資して作った海外初出店のお店なのだそうです。彼も留学中にそこでアルバイトしていたそう。

 

なので「彼がベトナムに帰るというのでベトナムに店を出そう」という、しばしば耳にする日本の社長の粋な計らいか!?という話の流れを勝手に予想していたのですがそうではなく、彼は帰国して田舎で自営業を3年ほどやっていたところ声がかかり、ホーチミン店で働くことにしたとのことでした。つまり、彼の為に作ったお店というワケではないようです。

 

"おとど食堂"さんの紹介サイトを見ると、他にもいろいろな種類のメニューがあるので、おそらく鳥白湯ラーメンはソフトオープン中にメニューを絞った中で提供されている全体の一部なのだと思います。

 

今後グランドオープンに向けてメニューが増えるのだろうし、おいしいそうな写真がたくさん並んでいるので、それを期待しています。

 

今回は鳥白湯・塩味ラーメンを注文しました。

大盛りにもできるというので、大盛りにしてもらいました。

 

ちゃんとしていて、おいしかったです。

 

でも、鳥白湯と書かれているから鳥白湯だと思うものの、何も言われなかった豚骨ラーメンと間違えそうだなと思いました。(※自分が味音痴なだけなのでしょうが。)

 

日本人のこの系のラーメンが好きな方々にはお勧めです。

しかし、ベトナム人らがこの味をどう捉えるか。

 

追加されていくメニューも含めて、注文していきたいお店です。

 


HIFUMIの鳥白湯・辛いラーメン(大盛り)
一二三の鳥白湯・辛いラーメン(大盛り)

<一二三さんの鳥白湯・辛いラーメン>

 

これは、おいしくなかったです。

 

初めて訪れたときにこれ(鳥白湯・辛いラーメン)を食べていたら、後に店前に行列ができるのを見たのでもなければ、このお店に再訪することはなかったと思います。

 

麺との相性が悪い。

 

では、麺が変われば美味しくなるのかと考えてみましたが、スープにはもっとコクや旨味がほしい。

 

よく日本のラーメンをベトナム人は"ベトナム人にはしょっぱすぎる"と言いますが、ハノイの喰龍さんやホーチミンの暖暮さんでベトナム人来店客をたくさん見かけますが、人気店はいずれも決して薄味ではないと思います。(※暖暮さんの豚骨ラーメンは味の濃い・薄いを選べるようになっている。)

 

それにベトナム人向けの薄味にしたら、日本人が遠のくのではなかろうか。

 

ネーミングで「 (から)ラーメン」となっているが、ぜんぜん辛くないし。

 

固定で付くのか、サービスで付けてくれたのかわかりませんが、こちらから頼んだわけではなくライムを添えてくれました。

食べている途中でレンゲにスープを入れて、ライムを絞った汁をスープと混ぜて飲んでみたのですが、すっごく不味(まず) かったです。

ライムの汁に合わないものがあるのだなーと初めて知りました。

 

お会計の時に、日本語できるベトナム人スタッフさんに「レモン(※ベトナムでは日本語で伝える時はレモンとライムを一色単にする傾向がある。)を付けたのですが、どうでしたか?」と尋ねられたのですが、素直な感想として「おいしくなかった」と伝えました。

 

ソフトオープン期間はそろそろ終わってしまうそうです。

 

その前に「鳥白湯・醤油ラーメン」を試してみたいと思っています。


店名 :一二三/HIFUMI

住所 :8A/5B1 Thai Van Lung street,Ben Nghe ward,District 1,Ho Chi Minh city,Vietnam